第弐拾話および劇場版26話で登場。
「きゅうえりあ」に登場し、自我の再構成を拒んだり具体化(形而下化)されると自我がもたない(劇場版26話)とされる。
第弐拾話においては、デストルドー反応の発生によりシンジのL.C.Lからのサルベージが阻害された。
元は心理学用語で、フロイトの提唱した精神分析学用語で「死へ向かおうとする欲動」のこと。