エヴァンゲリオンの謎

エヴァンゲリオンの謎

序章 はじめに

テレビシリーズから新劇場版まで 社会現象となったエヴァの“軌跡”

時は西暦2015年。
15年前に南極で起きた巨大な隕石落下による『セカンドインパクト』の影響を受け、地球の人口は半分に激減、水位の上昇、経済の崩壊、民族紛争に内戦と、ありとあらゆる天変地異が起きる世界になっていました。
ようやく復興の兆しが見え始めた人類世界は、『使徒』という正体不明の巨大戦闘兵器群の脅威にさらされることになります。 

物語の主人公である14歳の少年・碇シンジは、長らく音信不通だった、父親であり国連直属の特務機関ネルフ・総司令官である碇ゲンドウに呼び出されて第3新東京市を訪れます。
久方ぶりのゲンドウとの再会に、父親のぬくもりを期待したシンジでしたが、彼に突きつけられたのはネルフが極秘に開発した汎用人型決戦兵器『エヴァンゲリオン』のパイロットとして使徒を迎撃するという任務を命じられるという、過酷な現実でした。
恐怖と不安に押しつぶされそうになり、エヴァへの搭乗を拒否するシンジを、ゲンドウは冷たく突き放します。

そして、シンジはゲンドウの中に自分が思い描いていた父親がいないということに気付き、失望してしまうのです。
己の弱さと葛藤していたシンジでしたが、保護者兼上司である葛城ミサトの働きかけにより、シンジはエヴァ初号機パイロットとして使徒の殲滅を心に決めます。

初戦では使徒との激闘の末、生還。
ミサトの家に引き取られることになった彼は、新しい中学での環境に馴染めない日々が続きます。
そんな日々を変えたのが人間味のない同級生、綾波レイとの出会いでした。
自分と同い年で、零号機のパイロットであるレイとゲンドウが自分よりも親密なことに興味を抱いたシンジはレイに接近しようと試みますが、氷のように閉ざされた彼女の心の内を知ることは容易ではなく、謎に包まれた彼女の言動に心が揺らぐような気持ちを覚えていきます。

そんな日々の中で、幾度にも及ぶ使徒との死闘、弐号機パイロットの惣流・アスカ・ラングレー、ミサトの元恋人・加持リョウジとの出会いを経て、シンジは人類の命運を担ったパイロットへと成長していきます。
その裏で、ゲンドウは『秘密結社ゼーレ』と結託し、全人類が魂レベルで融合をとげ、互いの欠けた部分を補完しあう、『人類補完計画』を極秘に進めていたのです。

1度は完結を見た本作品ですが、リメイクとして公開された新劇場版『序』、『破』では主要キャラクターの性格がテレビシリーズと大きく異なっていたり、新キャラの登場、西暦という年号の無い世界観になっているなど様々な相違点が挙げられ、『もうひとつのエヴァンゲリオン』として新たな魅力を放ち続けています。
すべてのエヴァファンが衝撃と期待を感じた『破』から3年。
果たして、『Q』ではいかなる物語が紡がれるのでしょうか。
誰もが予測不可能なエヴァ世界は、今なおファンの心を掴んで離しません。

『新劇場版:Q』を観る前に 知っておきたい“伏線補完計画書”

いわゆる“旧エヴァ”と呼ばれる『新世紀エヴァンゲリオン』終了から10年の時を経て新生を遂げた“新ヱヴァ”ですが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』までは細かい設定の違いはあれど、大幅なストーリー修正はありませんでした。
しかし『破』において、文字通り今までの物語が“破壊”され、これまでの“旧エヴァ”とはまったく別のストーリーとなってきたのです。
そして、“旧エヴァ”の謎も解決されぬまま、“新ヱヴァ”でも新たな謎が生み出され続けています。 

果たして、“新ヱヴァ”とは“旧エヴァ”が紡ぎ出した世界と同一と考えて良いものなのでしょうか?
それとも両者を別々の世界として捉えることで、登場人物や使徒、細かな設定まですべてを新たな解釈の元に、謎を考察していくべきなのでしょうか?

劇場公開前から大きな話題を呼んでいた『新劇場版:Q』ですが、実際に映画を見た方の中には少なからず疑問を感じた方もいたことと思います。
『Q』のDVD/Blu-rayが発売されたことで、劇場公開時に足を運んだ方に加え、さらに多くの方々がこの『Q』を鑑賞することになるでしょう。
そこで、“新・旧”両者を比較することで、新劇場版“ヱヴァ”最大の魅力に迫るべく、次の3点に重点を置きました。

壱→“旧エヴァ”における謎のうち、ある程度解明されているものは何なのか?
弐→“新ヱヴァ”と“旧エヴァ”における違いは何なのか?
参→両者共にどんな謎が残されていて、どんな解釈が成り立つのか?

つまり本アプリは、庵野監督からの謎解きの“挑戦状”に真っ向から挑むという従来の考察物とは別の観点から、『Q』以前の新劇場版2作品までの謎を読者の皆様に整理して提示することで、既に見た人もそうでない人にも『新劇場版:Q』を100%以上楽しんでいただこうというコンセプトの元にリリースに至りました。 

「すべては心の中だ。今はそれでいい」

奇しくも本編で碇ゲンドウがそう語ったように、謎の解釈や登場人物たちの台詞をどう捉えるかは、皆様の心に委ねられています。
読者の皆様が本アプリを目にする頃には、既に何度も『Q』を見ている方も少なくないでしょう。
紹介する数々の謎について、もう一度、『Q』はじめ新劇場版を思い出して頂きたいのです。
きっと、新たな発見があると思います。

そして楽しみなことに“新ヱヴァ”は、『Q』の後にもうひとつ『?』が残されています。

つまり、それらすべてが封切られるまでは、すべての解釈は皆様の“心の中”にあるともいえるのではないでしょうか。
そして、きっと“今はそれでいい”はずなのです。 
皆様にとって『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観るための“伏線補完計画書”となれば幸いです。

最新記事
メッセージ

名前
メール
本文